フリーダイヤルフリーダイヤル

指導員のご紹介

ホーム > 指導員インタビュー > 弓田 信さん

限られた時間の中で
学校と子どもたちに最大の成果を

森村学園 硬式野球部 弓田 信さん

弓田さん

プロフィール

小学生の頃から18歳まで野球一筋、高校時代には日本大学明誠でキャプテンを務められていました。その後、とあるきっかけから大学ではアメリカンフットボールに転向して活躍されるも、やはり野球への強い思いを捨てきれず、指導者として再び野球の世界へ。
選手時代は大変厳しい指導を受けられていた経験から、ご自身の指導においては、当時と現代の変化をふまえ、生徒さんの健康や将来を第一に考えた上で、一弛一張の指導をされています。

1.  一度は嫌いになっても、
やり直せるチャンスはやってくる

野球の経歴を教えてください。

私は小学生から野球を続けております。そして高校では強豪校のエリート…と、そんな学校に行きたかったんですけども、なかなか厳しく。日大明誠というところで野球をやっていました。そこで3年間、3年生の時にはキャプテンをやらせていただきました。

野球がお好きなのが伝わってきます。順風満帆な野球生活を送られていたようですね。

しかし残念なことに、とある問題が起きてしまいまして。監督と選手が、意見の食い違いで割れてしまったんです。今になってみれば、そんなに大きな話にならなくてもよかったと思うのですが、それが大問題に発展しまして、監督が辞めさせられてしまうという事態になりました。そのことをきっかけに、ちょっと私自身が野球を嫌になってしまって。

大好きな野球が嫌いになってしまったと。大学では野球を続けられたのですか?

大学進学後はアメフトを始めました。日大のアメリカンフットボールです。そこからアメフトの人生が始まって、最終的にはレナウンというチームで社会人までやらせていただいておりました。

そこから、どういった経緯で部活動指導員になられたのですか?

アメフトに転向してからも、ずっと野球への未練があったんですよね。その思いから、こういった指導の仕事の紹介をしていただけるということで、3年ほど前にサクシードさんに面談していただき、本当にすんなりと学校が決まりまして、そこから監督が始まりました。

弓田さん

2.  スポーツをやる上で「心」の大切さを感じる瞬間を少しでも伝えていきたい

弓田さんがスポーツをやっていく上で、大事にしていることはありますか?

「心の教育」ですね。今と昔では練習方法などが色々と変わってきているのと、子供たちの体質が、気持ち・環境・社会など、色んな変化が進んでいますので、現代の教え方ならどんなふうに教えられるだろう?ということが、当時の精神論といいますか、当時教わった「心の教育」を元に、今の自分でチャレンジしているところです。
やっぱり日本を代表する監督の皆さん共通して言われることが「心」なんですよね。野球が上手い・下手というのは、二の次・三の次。要するにスポーツの上手さ・技術というのは、二の次・三の次ということです。

先人の方が教えてくれた影響が大きいんですね。

はい。野球であれ、アメフトであれ、スポーツは違う種目であったとしても、同じく指導者の方々というのは、共通した何かそういった心の強さといいますか、優しさというか思いやりというか、協力する心とか。そういった精神的なものを本当によく教わりました。

指導していく中で、生徒さんの反応が気になりますよね。生徒さん自身も弓田さんと同じように感じているかもしれませんよね。

ありますね、当然だと思います。それはもう多分、ずっとそういう歴史は繰り返すものなのだと思います。人生の長い時間の中で頭の片隅に、どこかで一瞬でもいいので僕が伝えてきたことが届く瞬間があれば、それは僕と同じ時間を共有した、共に過ごしたという意味があると感じます。

弓田さん

監督にとっての部活動とは何か、そういったものはありますか?

生徒たちに接していて感じるのは、あくまで部活動は学校の教育の一部であり、文武両道でなければならないと。子供たちの未来というのが、部活動に定着することじゃないんですよね。色んなジャンルの中でこれから大きく羽ばたいていくための健康の一環であり、教育の一環であり、学校教育の一部なので、子供たちが健やかに育っていくためにある時間であると思います。

一般的な部活動に対してのイメージとは異なり、生徒さんのためを思っての考えな気がしますね。

野球だけに定着するのではなく、自分の趣味を広げていくためにも、狭い視野で物事を見るんじゃなくて、自分の可能性をどんどん広げていくために、いろんな挑戦をしてほしいと思っています。塾でもいいし、自分の特技を生かす専門分野でもいいし、そういったことにも部活動をやりながら、時間を割いてほしいと感じます。

先生は文武両道の考えを大切にされているのですね。

はい。例えば野球であれば、プロ野球選手・メジャーリーグにいきたいという夢を持つことは、本当に素晴らしいと思います。しかし、そこにいけるのは本当に一握りの人間しかいません。野球に時間を割き過ぎて、そこに集中したが故に自分の夢を捨ててしまった、また、自分の夢が年齢などの問題で資格を取っておけばよかったとか、後々に後悔する選手もたくさん見てきているんです。なので、その後悔だけは絶対してほしくないと思っています。

3.  生徒と信頼関係を築き、限られた時間の中で最大限の成果を

昨今 学校側が気にしている問題の一つとして、パワハラやセクハラがあります。その辺りで、信頼関係を築くために何か気をつけていることはありますか?

気を付けるということを考えると、当然やってはいけない範囲というのは頭の中で理解できています。ですが、私は自分の気持ちが素直に正しくそこに向いているのであれば、絶対そういう問題は起きないと確信しています。

部活動指導に対して、学校側から求められているのはどういったことだと思われますか?

限られた時間の中で結果を出していくことだと思います。学校の方からは、この20年間、1回戦を勝つことすらできないため、1回戦・2回戦を勝ち進められるくらいのチームをなんとか作れないかと言われました。先日の試合で、初戦がかなり強豪校と当たって…正直50点くらい取られるんじゃないかという心配はあったんです。結果、7回コールドで9対1という点数で負けましたけども、今までの試合の中で一番面白かったと、父兄の方達に言ってもらえました。とても嬉しかったですね。

弓田さん

4.  外部指導員として学校の新しい時代を築き上げる

最後に、部活動指導員の導入を悩まれている学校はまだまだ多いのですが、そういった学校の背中を押してあげられるメッセージを頂けますか?

学校の要望に合った教え方をできる指導者というのは、この世にたくさんいると思うんですよね。だからこそ、子供たちと接する、外部からの新しい感覚といったものを子供たちに吹き込んでいく。それは非常に子供たちにとって、いい刺激になっていくと思っています。成人年齢が18歳に引き下げられたこともあって、子供たちは早く大人に成長していきます。外部指導員として学校の意思に沿いながらサポートしていき、学校と共に新しい時代を進んでいく。もっとこの考えが広がっていくことで、教育も変わってくると思います。

以上、弓田 信さんのインタビューでした。ご自身の受けた指導経験を元に、技術よりも「心の教育」を大切しながらも、社会や環境の変化といった時代に合わせた指導をされており、指導者としての素晴らしい姿勢が伝わってきました。また「部活動だけ」になってしまわないように、文武両道であることや、子どもたちが大人になってゆく将来のことも見据えて指導しておられ、生徒さんへの大きな愛が伝わってきました!

まずは、お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください。

tel:0120-926-062
お見積り・お問い合わせはこちら